Web上のリッチメディア広告や動画広告、また動画マーケティングについても研究し、Webメディアとして配信

人気の記事

,

”Be More Human” ジムでのトレーニングのみならず、屋外を本気で駆け抜ける喜びを訴求するスポーツブランドのリーボックが、スウェーデンで街中に一風変わったディスプレイ看板を設置しました。 それは、” …

,

チャットアプリとして最近話題の「SLack」。 そんなSLackが昨年末に公開したTV CMは、B to B向けの企業プロモーション動画を企画する上でさまざまなヒントを与えてくれるものでした。 本動画の舞台となったのは、 …

,

公開後半月で約700万回の再生回数を突破した超バズ動画となった「資生堂 high school girl? メーク女子高生のヒミツ」の動画広告。 高い広告費(媒体料)をかけてTVCMを打つのも必要ですが、表現の自由度が高 …

新着記事

,

ご当地PR動画も各自治体のカラーで色々と動画を公開されています。しかしここまでお金をかけて製作した自治体もいないのでは?と思うほど有名タレントのキャスティングが行われているPR動画があります。 2015年10月に公開して …

,

ホンダの海外で人気のSUV車種「HR-V」。日本車全般で言えることですが品質の評価が高いです。特にホンダ車はエンジンやデザインが評価されています。この動画はパフォーマンスユニットの集団歩行と車のコラボレーションが話題を呼 …

,

2013年11月に公開された動画ですが、時間は掛かっているものの2016年6月時点で200万回の視聴回数を得ています。ブランディング動画ですが、紙の原材料となるパルプ(木)の大切さを発信するために視聴者の興味を引くうまい …

,

「安い・早い・うまい」で有名な牛丼チェーンの老舗「吉野家」。 近年競合の一社が台頭したり、少し前にはデフレの影響で価格競争に巻き込まれたり、もっと昔であればBSE問題などでの苦しい経営を乗り越えてきております。 私の主観 …

,

世界最大級の広告賞であるカンヌライオンズ国際クリエイティブフェスティバルで受賞したドコモ「3秒クッキング」の動画広告。2015年2月に公開されて反響がありました。 3分ではなく「3秒」と聞いただけでありえないことが分かり …

,

経営難から海外企業の子会社となったシャープ。 次世代の新商品開発にAIを取り入れた製品に力を入れているようで、シャープだけでなく各メーカーはに力を入れるのは間違いないが、最近の動画広告を見ていると他社より露出が多くリード …

,

世界的自動車メーカーのボルボ。しかし、商用車であるトラック部門では日本にはあまり馴染みがありません。ボルボと言えば、セダンなどの一般車では日本でも昔から普及しており、「固くて頑丈」というイメージが強く根付いています。 こ …

,

この動画は、初めて妊娠した女性の不安を払拭する応援ドキュメンタリー動画となっています。 初めての出産を迎えるポストママは不安だらけ。お腹の赤ちゃんの動きや自分の体調などで心配することが多い。その不安を取り除く様なお腹の赤 …

,

最近、感動系の動画広告が多く見られていますよね?見ている方は感動を得ることができ、心が洗われます。 一般的に人間は毎日の生活を社会の流れに則って知らず知らずのうちに送っており、ルーチン化されていると思います。 その流れを …

,

JT(日本タバコ産業)が運営するバレーボールチームである「JTサンダース」の認知動画です。 自分のチームの凄さを知らしめる動画なので一般の企業広告とは異なり自由には作れるのですが、ちょっと行き過ぎている感があります。 そ …

,

公開後半月で約700万回の再生回数を突破した超バズ動画となった「資生堂 high school girl? メーク女子高生のヒミツ」の動画広告。 高い広告費(媒体料)をかけてTVCMを打つのも必要ですが、表現の自由度が高 …

,

少し古い作品ですが、心に染みるストーリーで商品とマッチしたブランディングに成功した事例と言えます。 この商品のターゲットは主に50代~60代の娘を持ったお父さん層。自分の娘が結婚適齢期に差し掛かり、お父さんとしては自分事 …

,

ヤマト運輸が近年TV CMで「宅急便コンパクト」の認知促進を行っています。 メインキャラクターとしてタレントのTOKIOを起用し、自社のクロネコキャラクターとのコラボ展開として訴求活動をしています。 このところヤマト運輸 …

,

この動画広告は海外自動車メーカー「Volvo社」のブランディング動画です。海外の文化や規制内で作られたコンテンツで、ちょっと日本では考えにくい発想となっているかもしれません。 ストーリー ボルボの大型トラックをラジオコン …

,

動画コンテンツ元年とも言われた2014年。その後、各企業が動画に力を入れております。 その背景には視聴者(一般ユーザー)がSNSなど自ら動画を撮影してアップできると言う経験から動画が身近なものになり、興味を持つようになっ …