Web上のリッチメディア広告や動画広告、また動画マーケティングについても研究し、Webメディアとして配信

ボルボトラックの動画広告があり得ない!再生回数8000万回を超える動画とは?
, / 2660

ボルボトラックの動画広告があり得ない!再生回数8000万回を超える動画とは?

ボルボ・トラックとバンタム

世界的自動車メーカーのボルボ。しかし、商用車であるトラック部門では日本にはあまり馴染みがありません。ボルボと言えば、セダンなどの一般車では日本でも昔から普及しており、「固くて頑丈」というイメージが強く根付いています。

この動画広告は二台の大型トラックの間に世界的有名な俳優「ジャン・クロード・ヴァンダム」が登場し、見る前から何かやらかしそうな匂いのするブランディング動画となっています。

驚異的な再生回数の動画広告

ストーリー

動画自体は非常にシンプルです。
ジャン・クロード・ヴァンダム(以下ヴァンダム)のクローズアップ画像から始まり、徐々にカメラを引いていくと、2台のトラックの間にヴァンダムが立っていることがわかります。既にそのトラックは走行しており、徐々に車間を広げていきます。
ヴァンダムは段々足が開いていき、ついには股が水平になるほどの開脚になっています。

安定性抜群のボルボ・トラック

この動画の狙い

インパクト重視でトラックとの親和性はありませんが、ヴァンダムの知名度とブランド力に肖り、8300万回の視聴回数は圧巻です。

スタントアクションが得意なヴァンダムではありますが、一歩間違えれば命を落とす危険性もあり、この動画広告の狙いはボルボ・トラックの「安定性」がどれだけ安定しているかを訴求している動画で、ヴァンダムの驚異的な身体的能力もさることながら、安定した走行を見せるボルボ・トラックの凄さも見逃せません。

本来、トラックの広告ですが、明らかに俳優がメインになってしまっているのでどこまでブランディング効果があるのかはわかりません。しかし世界中で8300万回も視聴されたというのは効果があったのであろうと言わざるを得ません。