Web上のリッチメディア広告や動画広告、また動画マーケティングについても研究し、Webメディアとして配信

TOYOTAレーシングカーの「ブレーキ」エネルギーで朝食を作るその真意とは??
, / 846

TOYOTAレーシングカーの「ブレーキ」エネルギーで朝食を作るその真意とは??

カフェに訪れる人々

使用されるマシンは世界的なカーレースである「ル・マン24時間耐久レース」にエントリーするgazoo racingのマシンです。
1回のレースで踏まれるブレーキの回数は数知れず、また「ブレーキ」を踏むという事は、加速したスピードを抑える行為であり、本来カーレースではなるべく使いたくない機能かもしれません。

本動画は「ブレーキ」を別エネルギーとして活用し、それがこれからの地球にとってメリットになることを世に広める動画となっています。

並べられたコーヒーメーカー

ストーリー

朝食に招かれた171名の方に用意された会場はオールホワイトの建物でガラス張りのオシャレな雰囲気に包まれています。その中には人数分用意されたコーヒーメーカーやホームベーカリーなどが一列に並びます。招待された老若男女、皆何が起こるか分らず不思議そうな顔をしています。

そこに現れるたのが本物のレーシングカーが爆音を立てながら登場します。
レーシングカーの見合わない空間への登場とレーシングカーを目の前で見られる驚きかたみな歓喜しています。

そしてマシンの前に大型のモニターが現れレース時にオンボード映像が流れます。マシンのタイヤの下にはブレーキテストで使用するローラーが設置されており、加速しても前進できない仕組みです。

モニターの映像にあわせ、ドライバーが加速&ブレーキングを行い、エネルギーを蓄積します。
その力は莫大で用意されたオートメーションシステムが作動し、コーヒーが沸騰し、目玉焼きが焼け、トーストが焼きあがります。
そして最後には日本人ドライバーの中島一貴選手が登場し、招待客と一緒に朝食を楽しみます。

登場したレーシングカー

この動画の狙い

自動車産業にとってこれからの時代、地球環境に優しい製品開発が必須となります。
自動車は人間の社会で手放すことができない便利な道具ですが、その反面地球温暖化に直結する自然には悪影響を及ぼしてしまう道具です。

地球温暖化が進み、自然界の構造をも破壊し始めている現在においていち早く環境に優しい車を世の中に浸透させ、普及することが最重要課題となります。

世界トップシェアのトヨタが率先して無駄に浪費されるエネルギーを変換して活用する技術革新させることで王者であることを植えつけ、世界的なブランディングを図ることに繋がります。

ブレーキエネルギーで焼ける目玉焼き