Web上のリッチメディア広告や動画広告、また動画マーケティングについても研究し、Webメディアとして配信

逆再生動画でドミノを使ったトヨタからのメッセージとは?
, / 1274

逆再生動画でドミノを使ったトヨタからのメッセージとは?

配列された無数のドミノ

2年近くで約1,100万回以上の再生回数を記録したトヨタ自動車の地球環境を考えたブランディング動画です。

自動車は現代、近未来において人間の生活には必需品であり、なくてはならない存在ですが、地球の環境破壊に繋がる温暖化問題と背中合わせである製品であることも事実です。
これからの自動車業界は世界的に環境問題に取り組み、地球に優しい自動車を築き上げなければ成らない状況で、世界のTOPシェアメーカーであるトヨタが引率することを含めたブランディング動画です。

ではどのような動画に仕上がっているのか考察してみましょう。

「逆再生」されるドミノ

ストーリー

ハイブリッド車の回りに配列された無数のドミノ。
作られた道路やビルなどの建造物も全てドミノで作られています。

この動画の特徴は「逆再生」となっているところです。

逆再生のため倒れているドミノがどんどんと立ち上がって行きますがそこには環境問題に立ち向かう過去の自動車から現在から未来を見据えた自動車の歴史と展望が含まれており、
先にある美しい緑の草原、未来の世界である大きなビルが立ち並ぶ建造物がへと繋がっていきます。

ドミノで表現されるメッセージ

この動画の狙い

逆再生の意味は環境破壊から壊れた生活環境を再構築すると言う意味が含まれると思われます。
今まで環境破壊を繰り返してきたが、環境に優しい自動車の周りに倒れていたドミノが立ち上がり、道路や、ビルが再構築される様に映し出されれます。

そしてこのドミノの色には意味があり、最初の赤色は従来の「ガソリン車」その次に現れるオレンジ色はガソリン+電気の「ハイブリット車」そして水色のドミノは「プラグインハイブリット車」となり、最後の黄色がこれからの新燃料として大衆化を目指す「水素燃料電池車」であります。そのまま道を進み先に見えるのは環境に優しい自動車から緑がとりもどされ、その先には新たな未来の世界が現れます。

今までは人間の生活ばかり考えて技術革新を競い、シェアの奪い合いを繰り広げてきた自動車産業ですが、これからは自然と人間が共存できる環境を築き上げていくことを第一に考えた製品開発の大切さを全世界の人々に伝えるためのメッセージが込められています。

トヨタからのメッセージ